こんにちは。

福山市西新涯町にあります宇田歯科医院の歯科衛生士の宇田です。

 

大事なお子さんの歯にむし歯を見つけてしまった!

そんな時は、すぐにでも治療をしてほしいと思う親御さんがほとんどだと思います。

もちろんむし歯は自然に治癒することはありませんので、定期的な経過観察(ごく初期の場合)、もしくはむし歯治療が必要となります。

 

しかし、低年齢のお子さんであれば『治療はできるのだろうか?』という心配もあるでしょう。

 

そもそも歯科治療はお口の中の繊細な治療であり、簡単なものではありません。

ましてや子どものお口の中は小さく、さらに治療は難しくなります。

歯科治療はだいたい4歳ぐらいでようやく半分の子ができるようになるかというレベルで、3歳、2歳となると治療ができる可能性は非常に低くなります。

嫌がるお子さんを無理やり押さえつけての治療は、将来的な歯科医院に対する恐怖心を植え付ける可能性もありますので、初めて来院してすぐの歯科治療を行うのではなく、歯科医院がどんなところかを知り、慣れさせをする場だと考えて頂きたいのです※外傷等の緊急の場合は除く

 

できれば1回で、しかも子どもにはやさしく、治療をしてほしい というのは、こちらからすると非常に難しいことです。

もし嫌がっても、どうしても治療をしてほしい場合は、親御さんの協力も必要です。

一緒に声掛けをしたり、頭や手が動かないようにしっかり押さえてもらう必要があります。

 

そのため、いちばん良いのは段階を踏んで歯科治療に臨むことだと思っています。

以前、小児の治療の慣れさせについて詳しく書いたように、できることを数回に分けて増やしていけば、本人にとっても自信となってくれるのはずです。

 

1歳や2歳の場合、正直むし歯ができるにははやすぎる年齢です。

その場合は、歯科治療も必要かもしれませんが、食生活や歯みがき習慣についてもいっしょに見直してみましょう

なぜむし歯が出来てしまったのか、原因を考え、改善させることが何より大事なことです

 

そして、むし歯がなくても(保育園などの検診でむし歯がないと言われても)、歯科医院で歯のチェックは是非受けてください。

むし歯にならないうちから歯科医院で歯の清掃や、歯みがき指導、フッ素塗布、歯医者さんはどんなところかの説明を行うことで、『歯医者さんは楽しいところ』『いろんな器具があっておもしろいところ』と思ってもらえると思います。

定期的に歯科医院へ来てもらっていると、万が一むし歯ができたとしても、慣れているのでスムーズに治療できるかもしれません。

 

むし歯は感染症です。生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中にはむし歯菌は存在しません。

お父さん、お母さん、もしくはご家族の方…どこかから感染します。一番感染しやすい時期が1歳~2歳半とされています。

そのむし歯菌に感染する時期をできるだけ遅らせることで、将来むし歯になりにくい歯になります。

ご家庭では、箸やスプーンの共有は避けましょう。キスなどのスキンシップも控えましょう。

ちなみに私は食べ物を冷やすときは絶対に自分の息では冷まさないで、うちわであおいでいます。

 

お子さんが小さなうちは、親御さんは大変ですが、ご家族の方と協力しながら健康な歯を守っていけるといいですよね。