こんにちは

広島県福山市西新涯町にあります宇田歯科医院の歯科衛生士の宇田です。

 

今回のボードの内容は、お子さんの「仕上げ磨きについて」です.。o○

私の息子は、最近卒乳してごはんをもりもり食べる!お茶をよく飲む!ようになりました。

それに伴い気になるのは「歯の表面のザラザラ(プラーク)」💦

お子さんがいらっしゃるご家庭では、ご家族のみなさん、どのように歯みがきされていますか??

 

以前にもブログで書いていますが、我が家には子供用の歯ブラシが複数存在します。

仕上げ磨きをしてあげる際に、息子がどんどん取り上げて離さないからです。

あれから息子もどんどん活発になり、両手に歯ブラシを持っても持ち足りず…

取られては別の歯ブラシを出し~を繰り返して

歯を磨くために追加で出した歯ブラシは、あれよあれよという間に6本になりましたΣ(・□・;)

その限られた(?)歯ブラシで、歌を歌いながら♪

もしくは、大人が歯みがきしているのを見せながら、なんとかスピーディーに仕上げ磨きをしています!

気分が乗らない時には、口を開けなかったり、いやいやと拒否することももちろんあります💦

そんな時は「こちょこちょ~!」と戯れると、きゃあきゃあと大きな口を開けて笑ってくれるのでそのすきに磨きます✨

何してもダメなときは、こちらの諦めも大切。ガーゼなどで拭ったりして、明日は磨こうとお約束したりもします。

 

仕上げ磨きをする際のポイントは

①こちらが必死になりすぎない事(意外と必死な顔がお子さんからすると怖いかも!?)

②楽しい雰囲気をつくる(歌をうたったりしてお子さんの気分を盛り上げましょう✌)

③お口周り、お口の中に触れる(触られることにならしてあげましょう)

生後8~9か月のお子さんの場合…前歯の歯と歯の間に注意!

奥歯が生え始める1歳半からは、奥歯の溝も汚れがたまりやすいので注意しましょう。奥歯の歯と歯の間も同じです💡

 

歯と歯の間のお掃除に有効なのは、フロス(糸ようじ)です。

お子様用の小さなフロスなどもありますので活用してみてもよいかもしれません。

なかには、「うちの子は歯ブラシよりも糸ようじが大好きなんです!」というお子さんもいらっしゃいましたよ♡

 

当院には歯が生え始めたちいさなお子さんも、来てくれています!

「歯が生え始めたら、歯医者さんに行った方がいいと聞いたので」

「(予防のために)歯医者さんに慣れておいた方がいいと思って」

「歯が生えているけど、まだミルクをのんでいるので歯のチェックをしてほしくて」

などなど…理由は様々ですが、親御さんの虫歯予防に対する意識の高さを感じます(^▽^)