こんにちは。

広島県福山市西新涯町にあります宇田歯科医院の宇田 美沙希です。

昨年12月ではありますが、スタッフとある講演会に参加してきました。

福岡県で開業されているみらいクリニックの院長であります今井一彰先生による講演会で、テーマは『知られざる生活習慣病 口呼吸について』

現代では、知らず知らずのうちに「口呼吸」をしている人が多いといいます。

ぽかんと口を開けてテレビを見たり、していないですか?

口の筋肉が緩んで口呼吸をしていると、いろんな影響がでてきます。

例えば…口の中が乾燥してむし歯になりやすい環境になったり、姿勢が悪くなり歯並びなどにも影響してくることも。

私は鼻呼吸している!と思ってきいていましたが、実は口を閉じた状態の時のちゃんとしたベロ(舌)の位置もあるらしく、これまた意識しないとできていないということが判明。。。

ベロの位置は、上あご(専門用語で軟口蓋)にぴったりくっつけた状態なんだそうです!

そして、本来の呼吸法である「鼻呼吸」に戻すための体操が【あいうべ体操】

あ~、い~、う~、べ~、とお口を動かす運動。

これを1日のちょっとした時間(例えばトイレにいるときや、お風呂の時間でもいいですね☆)に行うことで、正しい呼吸法になるきっかけになります!

呼吸法がかわれば、全身の健康にもよい影響がでることがあるという内容でした!(^^)!

講演会が終わった後は、ランチに行きました♪

いい話もきけて、美味しいごはんも食べて、充実した休日となりました♡